会社の沿革

昭和21年8横浜市鶴見区生麦町で富士理化陶器製作所横浜営業所を設立、電気器具卸販売を開始
昭和23年5販路拡大に伴い合資会社藤電気商会を設立(設立資本金20万円)
昭和37年7横浜市西区杉山町に横浜営業所を開設
昭和38年2本社社屋を鉄筋造で新築
昭和40年9川崎市高津区新作に高津営業所を開設
昭和43年5組織変更に伴い株式会社藤電気商会を設立(資本金1,000万円)
昭和45年4横浜市保土ヶ谷区神戸町に横浜営業所を移転
昭和49年4横浜市鶴見区に鶴見営業所を開設
昭和49年5資本金3,000万円に増資
昭和58年6横浜市鶴見区獅子ヶ谷に本社及び鶴見営業所を移転
平成元年6資本金5,000万円に増資
平成2年3高津営業所を新装
平成7年4株式会社福島電材と企業合同、販売体制を再編し神奈川電材株式会社として新発足
平成8年1横浜市鶴見区に川崎営業所を移転
平成9年3横浜市都筑区に港北営業所を開設
平成16年3横浜市戸塚区に戸塚営業所を開設
平成28年10横浜市南区宿町の横浜営業所を建替、本社並びに戸塚営業所を移転